迷惑メール対策について(送信ドメイン認証)

メールサーバー on cybozu.com は、送信ドメイン認証を採用しています。

送信ドメイン認証とは

メールが正規のメールサーバーから送信されたメールであることを証明する技術です。
不正に改ざんされたメールや、なりすましのメールの判別に有効です。

メールサーバー on cybozu.comでの認証方法

メールサーバー on cybozu.comでは、SPFとDKIMを採用しています。
  • SPFとは
    メールを受信するときに、送信元のメールアドレスのドメインの情報が、送信側で設定している公開情報と一致しているかどうかを認証する方法です。メールのヘッダーには認証結果が挿入され、ユーザーへ配送されます。
  • DKIMとは
    メール送信サーバーが電子署名を付与して送信したメールに対して、受信サーバーが、DNSに公開鍵を問い合わせて署名の正当性を確認し、メールの送信元がDNSへの鍵の公開元が一致していることを照合する方法です。

受信時のSPFとDKIM機能

メールサーバー on cybozu.comでは、すべてのメールに対して、SPFに従った認証処理とDMIKに従った認証処理を行い、メールのヘッダー部分に認証結果を挿入します。

メールヘッダーに挿入される認証結果の例:
Authentication-Results: mx.mose-mail.jp; spf=(SPFスコア)
smtp.mailfrom=exsample@exsample.com; dkim=(DKIMスコア)
header.i=exsample@exsample.com

送信時のSPF

お客様が送信したメールサーバー on cybozu.com経由のメールが、送信先のメールサーバーで正当な送信元メールサーバーから送信されたメールであると判別される機能を提供します。

送信時のDKIM

DKIMの署名の機能は現在提供しておりません。