kintone ヘルプ

通知機能でできること

通知を設定すると、次のようなときに、アプリの利用者に通知が送信されます。


アプリの通知は、宛先のユーザーのポータル(kintoneのトップページ)、または「通知」ページに、「自分宛」の通知として表示されます。
また、kintoneの管理者がメール通知機能を有効にしている場合、個人設定でメール通知を有効にしているユーザーには、通知がメールでも送信されます。

通知先には、組織、グループまたはユーザーを指定できます。
フォームにユーザー選択フィールドを設定している場合は、そのフィールドで選択されたユーザーも通知先にできます。

通知の初期設定では、レコードにコメントが書き込まれたときに、次のユーザーに通知が送信されます。

  • そのレコードの作成者
  • 過去にそのレコードにコメントを書き込んだユーザー
  • 通知には、通常の通知と「自分宛」の通知があります。
    「自分宛」の通知は、ほかの通知とは何が違いますか?(kintone よくあるご質問)
    それぞれの通知が送信されるタイミングについては、次のページを参照してください。
    通知が送信されるタイミングと宛先を教えてください。(kintone よくあるご質問)
  • 次のときには、通知は送信されません。
    • 動作テスト環境でアプリを操作した場合
    • アプリグループを「Private」に設定しているアプリを操作した場合
  • 通知の設定に関わらず、次のときには通知が送信されます。
    • 定期レポートが出力されたときに、定期レポートを設定したユーザーに通知が送信されます。
    • 定期レポートの出力が失敗したときに、アプリの管理権限を持つユーザーに通知が送信されます。