ルックアップとは

ルックアップとは、アプリに入力するデータを他のアプリから取得できるようにする機能です。データ入力の手間を省き、入力ミスも防げます。

たとえば、営業案件を管理するアプリに、顧客情報を管理するアプリを参照するルックアップを設定したとします。
すると、次のように、顧客情報を取得して営業案件を管理するアプリにコピーできるようになります。
 

  1. Click to zoom this image
    顧客名の一部を入力して、[取得]をクリックします。
    手順1で入力した名前に一致する顧客が表示されます。
  2. Click to zoom this image
    営業案件を管理するアプリに情報をコピーする顧客を選びます。
選択した顧客の情報がフォームに自動入力されます。

ルックアップ機能を使⽤してコピーしたデータは、コピー元のアプリから独⽴して保存されます。
コピー元のアプリのデータを変更したり、削除したりしても、再度[取得]をクリックするまでは、前回取得したデータが保持されます。


  • 手順1で入力した名前に一致する顧客が1件だけの場合、手順2の顧客の一覧は表示されません。
    [取得]をクリックした時点で、顧客の情報がフォームに入力されます。
  • 手順1で何も入力せずに[取得]をクリックすると、すべての顧客が表示されます。
    手順2と同様の方法で、情報を取得する顧客を選べます。
  • 手順1で指定できるキーワードは1つだけです。複数は指定できません。
    また、検索キーワードには、検索機能と同じ制限があります。
    検索キーワードに関する注意
  • アプリの動作テスト環境でルックアップ機能を使用すると、運用環境のアプリからデータが取得されます。
「[取得]を押し、参照先からデータを取得してください。」と表示され、レコードを保存できない場合
このエラーメッセージは、次のいずれかの場合に表示されます。
  • ルックアップフィールドでのデータの取得が必須で、かつデータが未取得の場合
    対応:[取得]をクリックし、データを取得してからレコードを保存します。
  • ルックアップフィールドに検索キーワードは入力しているが、データが未取得の場合
    対応:入力したキーワードを削除する、または[取得]をクリックしてデータを取得してから、レコードを保存します。
上記の対応を行ってもエラーメッセージが表示される場合は、ルックアップフィールドが参照しているデータに改行記号が含まれている可能性があります。
改行記号は、次のように、半角のスペースと同じように表示されます。

ルックアップフィールドが参照しているレコードの編集画面を開き、何も編集せずにレコードを保存すると、改行記号は自動的に取り除かれます。