グラフを設定する

アプリの設定で行う、グラフの設定を説明します。

  • すでに運用を開始しているアプリでは、レコード一覧画面で、より簡単にグラフを設定できます。
    レコード一覧画面でグラフを設定する場合、アプリのデータをもとに生成された、おすすめの集計条件が表示されます。
    集計する

グラフを設定するには:

  1. アプリの設定画面を開きます。
    アプリの設定画面を開く
  2. 「グラフ」タブをクリックします。
  3. Click to zoom this image
    [+] アイコン をクリックします。
  4. グラフ名を入力します。
  5. 「集計の方法」の各項目を設定します。
    • グラフの種類
      集計結果の表示方法を選択します。
      グラフの種類と使い分け
    • 分類する項目
      レコードを分類して集計する場合に、分類する項目を選択します。
      日付や時刻のフィールドを選択すると、「月単位」や「日単位」などでレコードを分けて集計できます。
      • 「分類する項目」に指定した項目の値が空のレコードは、集計対象になりません。
      • データをクロス集計する場合、「分類する項目」に指定するフィールドには、次の制限があります。
        • 大項目:
          フィールドの値を分類した結果できるグループが、50個以内に収まること
        • 中項目:
          フィールドの値を分類した結果できるグループが、1,000個以内に収まること
        上記の制限を超えるデータを集計する場合、集計結果をExcelブック形式のファイルに書き出して集計します。集計結果をファイルに書き出す場合の制限は、次のとおりです。
        • 大項目:
          フィールドの値を分類した結果できるグループが、100個以内に収まること
        • 中項目:
          フィールドの値を分類した結果できるグループが、10,000個以内に収まること
    • 集計方法
      レコードの集計方法を設定します。
      日時のフィールドの値が最新のレコードや最も古いレコードを探す場合は、それぞれ「最大値」「最小値」を選択します。
    • 条件
      特定のレコードに絞って集計する場合は、絞り込み条件を設定します。

      「次のキーワードを含む」/「次のキーワードを含まない」を使用する場合の注意事項

      フィールドの値の条件を組織で指定する場合の絞り込み結果の違い

      • テーブル内のフィールドを使用してレコードを絞り込む場合、テーブルのいずれかの行でフィールドの値が絞り込み条件を満たせば、そのレコードは集計対象になります。
      • 値がユーザーのフィールドで、「優先する組織」を条件にした絞り込みを指定すると、集計の実行者の「優先する組織」に設定された組織、またはその下位組織に所属するユーザーを値とするレコードが集計対象になります。同様に、値が組織のフィールドで、「優先する組織」を条件にした絞り込みを指定すると、集計の実行者の「優先する組織」に設定された組織、またはその下位組織を値とするレコードが集計対象になります。
    • ソート
      集計結果のソート方法を選択します。
      「大項目」、「中項目」または「小項目」を選択すると、それぞれに設定したフィールドの値で集計結果がソートされます。
  6. 定期レポートを有効にする場合は、「集計結果を定期的に記録する」のチェックボックスを選択し、自動記録の開始日時と集計間隔を選択します。
    • 「グラフの種類」に「クロス集計表」を選んだ場合、定期レポートは有効にできません。
    • 定期レポートの集計間隔は、協定世界時(UTC+0)で指定します。日本時刻より9時間前の時刻を指定する必要があります。
  7. 画面左上の[保存]をクリックします。