kintone ヘルプ

プロセス管理で必要な設定

プロセス管理では、次の3つの設定を組み合わせてプロセスを設定します。

  • ステータス
  • アクション
  • 作業者

「申請内容を記載したレコードを登録し、上司の承認を得る」というプロセスを例にすると、ステータス、アクション、および作業者は、下図のように表されます。

ステータス

レコードの処理状況です。
ステータスを設定すると、各レコードに現在のステータスが表示されるようになります。

アクション

アクションは、レコードを別のステータスに変更するための操作です。ステータスごとに設定します。
アクションを設定すると、レコードに、アクションを実行するためのボタンが表示されます。ユーザーがボタンをクリックすると、レコードのステータスが変更されます。


1つのステータスには、複数のアクションを設定できます。
各アクションには、実行条件と、アクション実行後のステータスを設定します。

実行条件の指定には、フィールドの値を使用します。
たとえば、「費用」フィールドの値が100万円以上の場合のみ実行できるアクションと、値が100万円未満の場合のみ実行できるアクションを設定すれば、費用の金額に応じて、ユーザーが実行できるアクションが変わります。

作業者

作業者は、アクションを実行できるユーザーです。ステータスごとに設定します。

アクションを実行するためのボタンは、作業者の画面だけに表示されます。
作業者以外のユーザーの画面には、現在の作業者が表示されます。


1つのステータスに複数の作業者を設定できます。
複数の作業者を設定する場合、レコードのステータスが変更される条件を、次のいずれかから選択します。

  • 作業者全員がアクションを実行したら、ステータスが変更される
  • 作業者のうち誰か1人がアクションを実行したら、ステータスが変更される
  • 前のステータスの作業者が指定したユーザーがアクションを実行したら、ステータスが変更される