ルックアップ

ルックアップ先として設定したアプリからデータをコピーするフィールドです。
ルックアップについては、次の記事を参照してください。
他のアプリからデータを取得できるようにする

設定項目

  • フィールド名
    入力項目に対する見出しを指定します。
  • フィールド名を表示しない
    レコードの詳細画面でのフィールド名の表示を隠します。
  • フィールドコード
    自動計算機能で使用します。
    フィールドコードを指定しない場合、システムが自動的に設定します。
    自動計算を設定する
  • 必須項目にする
    値の指定を必須にします。
  • 関連付けるアプリ
    ルックアップ先のアプリを選択します。
  • コピー元のフィールド
    データの検索に使用するフィールドを選択します。
  • ほかのフィールドのコピー
    ルックアップ先のアプリのフィールドを、データのコピー先のフィールドと対応付けます。
  • コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド
    アプリの使用者がデータのコピー元を選ぶ際に表示されるフィールドを選択します。
    矢印アイコンをドラッグアンドドロップすると、フィールドの表示順を変更できます。
  • 絞り込みの初期設定
    データのコピー元を選ぶ際に表示されるレコードを絞り込みます。ここで指定した条件に一致するレコードだけが、コピー元の選択肢に表示されます。
  • ソートの初期設定
    データのコピー元を選ぶ際に表示されるレコードの並びを指定します。