レコードの変更履歴の記録機能を無効にする

レコードの変更履歴の記録機能を有効にしている場合、レコードの更新頻度によっては、ディスク容量を圧迫する場合があります。
必要に応じて、変更履歴の記録機能を無効にできます。

  • 変更履歴の記録機能を無効にすると、そのアプリのレコードの変更履歴が削除されます。
  • APIを使用してレコードを定期的に更新する場合、変更履歴の記録機能を無効にすることを推奨します。有効にしていると、ディスク使用量が急増する場合があります。

手順:

  1. アプリの設定画面を開きます。
    アプリの設定画面を開く
  2. [詳細設定]をクリックします。「設定」タブをクリックします。
  3. Click to zoom this image
    [高度な設定]をクリックします。「その他の設定」の[高度な設定]をクリックします。
  4. 「レコードの変更履歴」の、「レコードの変更履歴を記録する」の選択を外します。
  5. 画面左上の[保存]をクリックします。