kintone ヘルプ

上司を作業者に設定する

ユーザーに上司を設定することで、アクションを実行したユーザーの上司を次の作業者に自動で割り当てられます。
上司の設定には、ユーザー情報のカスタマイズ項目を利用します。

cybozu.com共通管理での設定

Step 1 カスタマイズ項目を追加する
ユーザー情報に、カスタマイズ項目を追加します。
項目名は任意です。ここでは名前を「上司」とすることを例に説明します。
項目タイプは、「ユーザー選択」を選択します。
カスタマイズ項目の設定手順は、cybozu.com共通管理ヘルプの次のページを参照してください。
Step 2 ユーザーごとに上司を指定する
ユーザーごとに、Step 1で追加した項目「上司」のユーザーを指定します。
ユーザー情報の編集については、cybozu.com共通管理ヘルプの次のページを参照してください。
CSVファイルを使用して、一括で上司を設定することもできます。
CSVファイルを使用したユーザー情報の一括編集については、cybozu.com共通管理ヘルプの次のページを参照してください。

kintoneでの設定

プロセス管理の設定時に、Step 1で追加した項目を作業者に指定します。