アプリ機能の基本

アプリ機能を使うと、売上情報、顧客情報、ToDoなどの情報を蓄積してチームで共有するためのデータベースを作成できます。
アプリの作成を始める前に、まずはアプリの基本を理解しましょう。

レコードとフィールド

アプリでは、「レコード」という単位でデータを管理します。顧客情報を例にすると、1件の顧客の情報が1つのレコードです。また、顧客情報を構成する顧客ID、顧客名、住所や電話番号などの項目を「フィールド」と呼びます。

アプリには、次のような表形式でデータが保存されます。
データベースの保存形式
1つのレコード(1件の顧客の情報)が、1行で保存されます。また、1つのフィールド(顧客情報を構成する項目)が、1列で保存されます。データの追加、編集、および削除はレコードごとに行われます。

フォームと一覧

アプリの作成時には、「フォーム」と「一覧」を設定します。

フォームとは、アプリにデータを入力するための画面のことです。テキストボックス、ドロップダウンリスト、ラジオボタンなど、入力するデータに応じたフィールドを配置して作成します。

フォームの例:

フォームを使用して入力したデータは、レコードとしてアプリに保存されます。


また、一覧とは、アプリに追加したレコードを一覧表示するための、表示形式のことです。表示形式は、次のいずれかから選べます。

  • 表形式
    データの保存形式そのままに、表形式でレコードの一覧を表示します。表示するフィールドと、その順番を選べます。
  • カレンダー形式
    カレンダー形式でレコードの一覧を表示します。

1つのアプリに複数の一覧を設定できます。アプリの利用者は、設定済みの一覧から、レコードの一覧の表示形式を選択できます。

複数人による同時編集

データの操作はレコードごとに行われるため、別の顧客の情報であれば、複数人が同時に顧客情報を編集できます。


複数のユーザーが同時に同じ顧客の情報を編集しようとした場合、最初に編集を保存したユーザーの操作が優先されます。あとから編集を保存しようとしたユーザーは、次のエラーメッセージを受け取り、編集を保存できません。
「レコードを再読み込みしてください。編集中に、ほかのユーザーがレコードを更新しました。」

 

データの抽出と集計

アプリに蓄積した情報から、目的に応じて必要な情報をすぐに抽出できます。蓄積した情報を集計、グラフ化し、データの状況を視覚的にわかりやすく表現することも可能です。

そのほかの機能

アプリには、データベースをより便利に使うためのさまざまな機能があります。必要な機能を選んで利用し、業務に合わせてアプリをカスタマイズできます。

そのほかのアプリの機能
機能 説明
コメント レコードにコメントを書き込む機能です。チームで意見を交換したり、連絡を取り合ったりできます。
レコードにコメントを書き込む
変更履歴 レコードの変更履歴を記録する機能です。誰が、いつ、何を変更したのかを確認できます。過去の状態にレコードを戻すこともできます。
変更履歴
グラフ アプリのデータを集計する機能です。数値の合計やレコード数などを集計できます。集計結果は、表形式かグラフ形式で表示できます。
グラフの設定
通知とリマインド レコードを編集したときや、レコードにコメントを書き込んだときなどに通知する機能です。
通知とリマインドの設定
自動計算 フィールドの値をもとに自動計算する機能です。
自動計算の設定
プロセス管理 複数のユーザーでレコードの編集や確認を行うためのプロセス(ワークフロー)を設定する機能です。
プロセス管理の設定
カテゴリー レコードをカテゴリー分けする機能です。カテゴリー機能を有効にすると、レコードごとにカテゴリーを指定できるようになります。
カテゴリーの設定
アクセス権 ユーザーの権限を設定する機能です。たとえば、次のような設定ができます:
  • 人事部の社員:アプリAのデータを編集できる
  • ほかの社員:データの閲覧だけできる
アクセス権の設定
アクション レコードのデータをコピーして、指定したアプリにレコードを登録する機能です。
アプリアクションの設定
言語ごとの名称 アプリやフィールドなどの名称を、日本語、英語、中国語(簡体字)の各言語ごとに設定できます。たとえば英語と日本語のアプリ名を登録しておくと、画面を英語で表示しているユーザーには英語名で、日本語で表示しているユーザーには日本語で、アプリ名が表示されます。
言語ごとの名称を設定する
プラグイン プラグインでアプリの機能を拡張する機能です。この機能は、kintone スタンダードコースでのみ利用できます。
アプリにプラグインを追加する
JavaScript / CSSカスタマイズ JavaScriptやCSSを使用して、アプリの動作や画面をカスタマイズする機能です。この機能は、kintone スタンダードコースでのみ利用できます。
JavaScriptやCSSでアプリをカスタマイズする