kintone ヘルプ

[レコードの一括登録] ファイルを作成する

レコードの一括登録に使用するファイルの作りかたを説明します。
ファイルの形式は、次のいずれかにします。
  • Excelブック形式
    Microsoft Excel(以降、Excel)で作成できます。
  • CSV形式
    ExcelやOpen Office Calcなどの表計算ソフトウェアで作成できます。
  • ファイルの形式によって、次の制限事項があります。
    Excelブック形式でファイルを作成する場合
    • 1,000件までのレコードを登録できます。
    • 読み込めるファイルの最大サイズは1MB、拡張子は「.xlsx」です。
    CSV形式でファイルを作成する場合
    • 10万件までのレコードを登録できます。
    • 読み込めるファイルの最大サイズは100MBです。

ファイルの記載形式

ファイルの1行目のセルには、フィールド名を入力し、2行目以降にフィールドの値を入力します。
値の記載形式は、フィールドの種類によって異なります。

1行のデータが1レコードになるように作成します。

Excelを使用してファイルを作成する場合

Excel 2013での操作を例に、レコードの一括登録に使用するファイルの作成方法を説明します。

手順:

  1. Excelのシートに、一括登録するレコードの内容を入力します。

    フィールドの種類ごとの記載形式についての詳細は、次のページを参照してください。
    フィールドの種類ごとの記載形式

  2. 「ファイル」タブを選択し、[名前を付けて保存]をクリックします。
  3. 「ファイルの種類」に「Excelブック」または「CSV(カンマ区切り)」を選択します。
  4. ファイル名や保存先のフォルダーを指定し、[保存]をクリックします。
     これで、ファイルの作成は終了です。