システムメールを設定する

システムメールとは
「システムメール」とは、各サービスのメール通知など、cybozu.comから送信されるメールです。
システムメールは、次の機能などで使用されます。
  • cybozu.com共通管理の監査ログのメール送信
  • サイボウズ Officeのメール通知機能、ケータイURL送信機能
  • kintoneのメール通知機能

システムメールの設定手順
  1. 「cybozu.com共通管理」画面の[システムメール]をクリックします。
  2. 必要な項目を設定し、[保存]をクリックします。
    • システムメールアドレス
      メールサーバーに「組み込み」を選択すると、メールの差出人は「no-reply@cybozu.com」に固定されます。
      メールサーバーに「外部サーバー」を選択する場合、システムメールの差出人として表示するメールアドレスを入力します。

      システムメールアドレスを設定する際の注意

    • メールサーバー
      • 組み込み:
        cybozu.comが搭載しているメール機能を使用して、システムメールを送信します。
        この方法では、メールの通信内容は暗号化されません。
      • 外部サーバー:
        お客様がすでにご利用中のメールサーバーや、有償オプションサービスの「メールサーバー on cybozu.com」を利用する場合に選択し、メールサーバーの設定を行います。
    • 「外部サーバー」を選択した場合は、次の項目も設定します。

      「外部サーバー」を選択した場合の設定項目
      項目 説明
      SMTPサーバー SMTPサーバー(送信メールサーバー)のホスト名を入力します。
      ポート番号 SMTPサーバー(送信メールサーバー)のポート番号を入力します。
      一般的に使用されるポート番号が自動で入力されます。

      通信の暗号化方法を選択します。通信を暗号化する場合、使用するメールサーバーが対応する暗号化方法を選択する必要があります。
      • Plain(暗号化しない)
      • SSL
      • STARTTLS
      SMTP認証 SMTP認証(SMTP-AUTH)が必要なSMTPサーバーを利用する場合は、チェックボックスを選択します。
      アカウント名 SMTP認証を有効にする場合、認証に必要なアカウント名を入力します。
      パスワード SMTP認証を有効にする場合、認証に必要なパスワードを入力します。

  3. 「テストメールの送信」欄に宛先のメールアドレスを入力し、[保存]をクリックします。
    テストメールが送信され、システムメールが正しく機能するかどうかを確認できます。
    テストメールが届かない場合は、[システムメールの送信失敗履歴]をクリックして送信エラーの内容を確認のうえ、設定内容が正しいかどうか確認します。
  • システムメールの送信失敗履歴に、送信に失敗したテストメールの履歴が表示されない場合は、次の点を確認します。
    • 「テストメールの送信」欄に入力したメールアドレスが正しいかどうか。
    • 時間を置いた後、システムメールの送信失敗履歴画面を再度確認し、該当の履歴が表示されるかどうか。